洗浄システム選定お助けツール

洗浄する汚れの種類やお客様側の状況によって最適な洗浄システムは異なります。
導入検討のヒントとして是非ご利用下さい。
  1. 現在、ハロゲン系洗浄剤で洗浄を実施していますか?

    ハロゲン系洗浄剤とは、塩素系(塩化メチレン、トリクロロエチレン等)、臭素系(1ブロモプロパン等)、フッ素系(HCFC、HFC等)に代表される洗浄剤です。

  2. 本選定ではハロゲン系洗浄剤の代替が目的ですか?

    ハロゲン系洗浄剤は、人体への有害性、土壌汚染、地球温暖化、オゾン層破壊等の法規制が適応されるケースが多く、それらに対応する洗浄システムをお探しでしょうか。

  3. 「消防法」の危険物に該当する洗浄剤を、使用可能あるいは使用予定ですか?

    消防法の危険物に該当する洗浄剤でも、設備の防爆構造等により使用できる場合が御座います。また、会社毎に考え方は異なり、危険物は全面的に使用NGとしているお客様もいらっしゃいます。

  4. 洗浄ワークの形態は何になりますか?

    洗浄対象物の種類によって適応できるシステムが異なります。弊社ではフラックスを洗浄するだけではなく、部材のケミカルアタックや変色などを抑えた最適な洗浄システムをご提案致します。

  5. 洗浄方式の希望は何になりますか?

    現状ご使用の洗浄システムで抱えている課題をお聞かせ下さい。

  6. 洗浄対象となる汚れの種類は何になりますか?

    対象となる汚れの種類によって、最適な洗浄システムは異なります。汚れの情報をご記入いただく事で最適な洗浄液をご紹介致します。

診断結果『フラックス洗浄』用途

お答えいただいた内容から適応可能な洗浄システムをご紹介致します。

  • 洗浄剤:準水系 、リンス剤:純水

    準水系洗浄剤で汚れを除去し、純水にて濯ぎ、熱風乾燥するオーソドックスながらも多くの導入実績がある洗浄システムです。

    洗浄剤:準水系、リンス剤:純水
  • 洗浄剤:準水系 、リンス剤:非危険物リンス剤

    準水系洗浄剤で汚れを除去し、非危険物リンス剤で濯ぎ、熱風乾燥する洗浄システムです。純水リンスやアルコールリンスのメリット部分を併せ持っております。

    洗浄剤:準水系 、リンス剤:非危険物リンス剤
  • 洗浄剤:水希釈系、リンス剤:純水

    洗浄剤を10~30%濃度に水希釈して洗浄するシステムです。洗浄剤のランニングコスト低減が可能であり、廃水不可低減にも繋がります。

    洗浄剤:水希釈系、リンス剤:純水
  • 洗浄剤:準水系、リンス剤:フッ素系(HFO)溶剤

    準水系洗浄剤とHFO(ハイドロフルオロオレフィン)とのコソルベント洗浄システムです。フラックス洗浄とパーティクル洗浄が一工程に短縮化可能。生産設備の合理化に繋がります。

    洗浄剤:準水系、リンス剤:フッ素系(HFO)溶剤
  • 洗浄剤&リンス剤:一液型洗浄剤

    独自の配合技術を駆使し、洗浄~リンス工程を一液型洗浄剤にて処理可能となった洗浄システムです。洗浄剤使用量や廃水コストを大幅に下げる事が可能です。

    洗浄剤&リンス剤:一液型洗浄剤
  • 洗浄剤&リンス剤:水+除塵剤

    水希釈系でのパーティクル洗浄システムです。従来のフッ素系ではなく、水系でパーティクル洗浄が可能なためランニングコスト低減が可能です。

    洗浄剤&リンス剤:水+除塵剤

診断結果

誠に申し訳ございません。
弊社のパインアルファシステムでは、
お客様のご要望に沿ったご提案が難しいと判断致します。